選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

香川に住んではじめたこと

「イチゴのテーマパーク造り、進行中」
イチゴ農家 観光農園経営

ご家族の写真
ふるさとの大阪府周辺でも土地を探したが出会いがなく、香川で独立の夢をかなえた。現在は、奥さまと大阪から呼び寄せた父親も本田さんをサポート。撮影には愛犬トワくんも参加。

イチゴの写真

 本田龍さんは、30歳までに農業で独立しようと、香川県の三木町に加え、北海道、信州、関東の農家で武者修行して20代を過ごした。間もなく30歳という時、お世話になった三木町の農家から「イチゴの観光農園をやらないか」と誘われる。「大きい夢が描けそうだ」と話に乗り、地域の農家3軒と地権者、本田さんが出資して、「森のいちご」を立ち上げて10年になる。

 20台もの大型トラックで土を入れて段々畑だった土地をならし、自分たちの手でハウスを建て、香川のオリジナル品種「さぬきひめ」の苗を植えて、一部を観光農園にした。「さぬきひめは大粒で、甘みが強くて柔らかい。完熟した真っ赤なイチゴの摘みたてだと、それがより際立つのに驚いたんです」と、イチゴ愛たっぷりに語る。

 最初は、師匠と仰ぐ農家に手ほどきを受けつつ無我夢中。「年間労働時間はサラリーマンの2倍だった」。2年目には炭疽(たんそ)病で苗が枯れ、自然相手の厳しさを知る。経験を重ねてからは、ハウスに暖房を入れずに時間をかけて、より甘く熟れさせるなど、毎年、生産法を更新している。ここ三木町では若いイチゴ農家の独立が続き、その大半が移住者。みんなで助け合えるよう、繁忙期に農作業を請け負い、機械や資材を共同購入する新会社も設立した。

 観光農園の来場者も右肩上がりに増えているが、満足はしていない。「イチゴの化粧品を製造する工場やイチゴ神社もあるテーマパーク造りも進行中です」。イチゴの魅力を「真面目に遊んで伝える」という、次の目標へと全力で走る。

本田 龍さんの写真
本田 龍(りゅう)さん
大阪府出身。2007年に香川県に移住。イチゴ農家。観光農園「森のいちご」、イチゴ農家を支援する「苺人(いちごんちゅ)」経営。「毎日天気を気にし過ぎるためか、気象病というのになりました」と笑う。

看板の写真
イチゴの()場と観光農園を合わせて1.3ヘクタール。真っ赤ではなく、ほんのり色づく新品種の栽培も検討している。

ハウスの写真
観光農園の来場者は年間1万8千人。3〜5月が最も多く、休日には1日で700人が訪れることも。

摘みたてイチゴの写真
摘みたてイチゴの甘さと柔らかさに、声を上げて驚く人が多いと言う。

イチゴの花の写真

ヤギの写真
観光農園にはヤギなどの動物がいて、イチゴのヘタをあげて触れ合える。

加工品やお菓子の写真
お土産用イチゴに加え、加工品やお菓子も販売。