選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

【特集1】海渡る世界の傑作。

どこから見るか瀬戸大橋

静かな海に島々が浮かぶ瀬戸内海。
その風景と一つになった瀬戸大橋は、見る場所や時間によって印象が変わる。
昼に夜に、山に島に公園に、写真に残したくなる瀬戸大橋の姿を探した。

まるで一つの作品のように。
香川県立東山魁夷せとうち美術館

海側が全面ガラス張りとなったカフェから眺める瀬戸大橋は、一つの作品であるかのように美しい。美術館を設計した建築家・谷口吉生氏の深い意図を感じられる。

香川県立東山魁夷せとうち美術館からの瀬戸大橋の写真

香川県立東山魁夷せとうち美術館
TEL 0877-44-1333

瀬戸大橋を見下ろす興奮。
瀬戸大橋スカイツアー

海面より175mの高さにある橋脚の塔頂部からの圧倒的な風景。この風景を楽しめるスカイツアーは春と秋に参加者を募集しており、開通30周年の今年は拡大して実施。

瀬戸大橋スカイツアーでの瀬戸大橋の写真

本州四国連絡高速道路(株)岡山管理センター
瀬戸大橋スカイツアー係

TEL 086-483-1100

生活の中にある特別な風景。
櫃石島(ひついしじま)

瀬戸大橋が通る櫃石島は、路線バスによって渡ることができる。真下から眺める橋の姿や、間近で見る橋の中を走るマリンライナーなど、島ならではの距離感に心が躍る。

櫃石島からの瀬戸大橋の写真

坂出市産業課にぎわい室
TEL 0877-44-5015

夜に浮かび上がる光の橋。
聖通寺山(しょうつうじやま)山頂展望台

日本夜景遺産に登録され、恋人の聖地としても認定されている展望台。週末などにライトアップされる瀬戸大橋の姿を、ほぼ正面から眺められる。

聖通寺山山頂展望台からの瀬戸大橋の写真

宇多津町まちづくり課
TEL 0877-49-8009

瀬戸大橋と共にあるアート。
八人九脚

藤本修三氏による「八人九脚」は、瀬戸内国際芸術祭の作品。ここに座れば、岡山に向かって伸びる瀬戸大橋や行き交う船の様子を間近に眺められる。瀬戸大橋記念公園に設置。

八人九脚と瀬戸大橋の写真

瀬戸大橋記念公園
TEL 0877-45-2344

地上108mからの眺め。
瀬戸大橋タワー

展望室がゆっくり回転しながら高さ108mまで上昇する瀬戸大橋タワー。頂上部で3回転するため、橋のある海側だけでなく、高速道路へと続く坂出側の様子まで見渡せる。

瀬戸大橋タワーからの瀬戸大橋の写真

瀬戸大橋タワー
TEL 0877-45-8791

瀬戸大橋タワーの写真